スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

                      
    • by スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
                      - -

    BARFOUT!を2号連続購入した件。

    0
      JUGEMテーマ:映画の雑誌


      無論、遠藤要が載っているからです。偉いぞBARFOUT!(よしなさい)
      こういう雑誌、なかなか手に取らないので、楽しく読んでます(進行形)(なかなか全部読めない)。

      【6月号】
      遠藤要 インタビュー。
      色々抜け落ちたみたいな、ただすぅっと目線だけが届いてくるかの様な写真が格好よいです。
      「ハードロマンチッカー」のことを色々。パク・ヨンオに似ていない、「素」のご自分のことも少々。

      【7月号】
      柄本時生×遠藤要 対談。
      前号とはうって変わって、きゃっきゃきゃっきゃしてるのが聞こえてくるような写真(笑)。
      おんぶされてるのが可愛いなぁ。
      話題は初共演の「ハードロマンチッカー」から、恋バナ、夏の舞台「露出狂」まで。
      柄本時生は、遠藤要を兄のよーに慕っている、らしい。
      常から臆面も無く「お兄ちゃん大好き!」を公言する柄本時生に、同じくシスコンな私は一方的なシンパシーを感じているので、わかる、わかるぞその気持ち(笑)。
      こんなおにいちゃん欲しいよね。
      仲良しで素晴しいです。

      森山未來×山田孝之 対談。
      スナップは夜の街に静かに佇むふたり。
      過去共演した「ウォーターボーイズ」から、各主演の「苦役列車」、「闇金ウシジマくん」について。
      「クローズZERO」のことにも少しだけ触れられていて、そこから入った私には嬉しい。
      しかもちょっとイイ話だった。
      身に付けたい安定感と、年を重ねた、ちゃんとして歩き方について。
      映画はどちらも観に行く予定。楽しみ。

                        - -

      『ハードロマンチッカーズナイトin福岡』に行ってきたよ。

      0



        行って参りました、先週金曜日、ポッキーの日。

        いやぁ。いやぁ、楽しかった!

        もの凄いアウェー感で不安だったのだけれど、開場前一緒に並んでいた方がとっっても良くして下さって。
        異業種間交流、なんて楽しいんだろう!本当にありがとうございました。>私信

        とにかくお話しする方全てが優しくして・・・。
        あのー、本当、この年でこの感想どうかと思うんだけども(笑)!
        本当、嬉しくて楽しい一夜でした。

        大音量の音楽で耳が変になりそうで、お話しする方との距離が近くて、お酒もじゃんじゃん呑んで、ゆらゆら動くから酔いの回りも早くて(笑)

        お待ちかねのトークショーの際には既に若干酔っ払いでしたが、超近くでがっつり拝見しました。

        グ監督、超イケメン。格好よかったなぁ。
        でもなんかお茶目なところもあって、とっても素敵な方でした。
        (原作本にサインしてくださる時、「サインなんかないよ、クレジットカードの時のでいいの?」とかスタッフさんに聞くの。かっわいい!)

        そしてそして、遠藤要氏。あんな距離でお話できるなんてもう無い。多分無い。
        緊張しすぎてて何話したか全然覚えてないんですが(えっ)、挙動不審な私にとっても優しくしてくださいました。
        そしてそれで向こう2,3ヶ月(意外に短い)(いや、次もあるといいなぁって。良いなぁって・・・!)は辛い事があっても乗り越えられます。ありがとうございました!

        直筆サイン入りの鑑賞券も勿論購入!11/26の公開がほんと、楽しみ!!


        そして、なんしか気が大きくなってたのか酒の力か、いっつもこっそり拝見していたブロガーさん(当時「らしき方」)をナンパする、という自分至上最大級の(相手方には迷惑なだけの)頑張りを。
        人違いでなくて良かった・・・。帰られる直前だったので、本当に申し訳なかったのですが、
        早速前の記事にコメント下さったりして、相変わらずいろんな方に優しくしてもらって生きています。
        ありがとうございます。

        今回はほんともう、ソレしかないです。何回でも言う。
        イベントで、私に笑ってくださった、話してくださった、優しくしてくださった、全ての方に。

        ありがとうございました!!



        ・・・あ、今回は写真も撮っていただきました。
        あのー、私があんまりにもぶっ細工なんで、逆に辛い(笑)。あんま見返せないw
        永久保存版だけども。当たり前にそうだけども。

        翌日、友人に恥を忍んで見せたら、「あぁ・・」って。
        花畑やねぇ、ちょうちょ飛んでるねぇ」って。

        ちょ、ヤメテ的確な突っ込みwww

                          - -

        東京国際映画祭(というか『ハードロマンチッカー』)!

        0

           

          JUGEMテーマ:邦画


          始まっておりますな。今更ですが。

          大本命であるところの、
          『ハードロマンチッカー』舞台挨拶つき上映は昨日26日夕方からでした。
          無論観にいけなかったので、超期待して待ってたらやっぱりムビコレさんが舞台挨拶の模様を(ダイジェストだけど)上げてくれてる(ありがとうありがとう!)ので一生懸命観たよ!

          『ハードロマンチッカー』東京国際映画祭 舞台挨拶


          ・・・こないだ『悩殺ハムレット』のアフタートークの時も思ったけど、ちょっとしゅっとした?ような?
          それはそれとして、うおー喋ってる喋ってる(そら舞台挨拶ですから)、格好いい。
          結局主演の「優しくしてほしい」に全部持ってかれた訳ですが(笑)

          とうとう公開まで1ヶ月切りました!早く観たいなぁ、楽しみだ。

          あと15秒スポットもムビコレさんにあったので貼り付けとく。
          『ハードロマンチッカー』15秒スポット


          若干必死さが(笑)その後ポスター貼れるようになったのかちらん。

                            - -

          あっ忠太さん!!

          0


            とテレビに向かって小声で叫ぶ33歳。

            仕事で凹むことがあって、明日チョー会社行きたくないです、皆様はいかがお過ごしですか。

            さておき。

            カンブリア宮殿を見ていたら、忠太(鈴之助)さんが日経のCMに出てて、

            ・・・というか咄嗟にそれが認識出来た自分に驚きました(失礼)。

            クローズの直後に観たルーキーズでは、全く見つけられず悩んだものですが(まさかのさらさら金髪)、

            とうとう見分けられるようになった・・・!(たらりらったらー♪

            ・・・今公式確認してきたら、情報載ってないんだけども。えー!どうしよう、人違いだったら。

            いやもうそれは謝るしかありません。

            えー、CMは「日経アドギャラリー」で確認出来ます。


            さぁ、明日を乗り越えれば連休です。

            どちら様もふぁいとですぞ。

                              - -

            鑑賞記録『多摩川少女戦争』

            0
              JUGEMテーマ:邦画


              中古でたまたま見つけて、こりゃ絶対好きだ、と購入した私偉い(前置き長ぇ)。

              『多摩川少女戦争』
              牛山さん中のひと(松重豊)出演。

              ≪あらすじ≫
              多摩川を挟んで対立する超不良美少女集団「世田谷ベルベット団」VS「川崎ライオネス会」。
              不良少女たちを影で操るロリコンヤクザ「ベッチ」。
              ヤクザの養父を殺してこの街に逃げ込んできた「ケロッピ」。
              不吉な風が吹きすさぶ多摩川沿いの街に「伝説の不良少女」ナオが3年ぶりに鑑別所から帰ってきた。ナオは、同じ孤児院育ちでかつて自分の相棒だったユカリの行方を追うのだが・・・。


              女の子が沢山出てきて、まー申し訳ない、全然見分けがつかないわけですが。
              そんなことはどうでもいい。←

              そんなことより、
              「世田谷ベルベット団」ですよ。「川崎ライオネス会」ですよ。
              もうもうもう、大好き、このノリ。

              あっさりと(自覚を持って)悪い事をして飄々と生活する少女達、
              結構大変な境遇の娘(ケロッピとかユカリとか)もいるはずなのに、も、全っ然悲壮感ない。
              多分一回転しちゃって、淡々としてる。淡々と、生きて、死ぬ。そこがエグい(褒め言葉)。
              エグいのに、ちょっとトイカメ風の景色と相まって、やけに切なく輝いていて、参る。
              ・・・あぁー好きだ(笑)!

              そしてものすげーイカしてました、ロリコンヤクザ(松重豊)。
              ケロッピ(青山朱里)とのハーモニカのシーンは最高。あの色気はヤバい。

              曜子(山口あゆみ)と刑事(石丸謙二郎)のやり取りもベタで良かったわー好きだわー。
              「泳げるようにはなったのか」とか。「19になったんだ」とかさ。
              一体どこの少女漫画だ。愛しすぎる。


              はー堪能した。ごちそうさまでした(笑)。
              ※本当に女優さんの見分けがつかなかったので、役名(女優名)が今まで以上にあやふやです・・・間違ってたらすいません。

                                - -

              鑑賞記録『KAMACHOP』

              0

                JUGEMテーマ:邦画

                もう8月か・・・。
                7月は2回も東京に飛びましたがどっちも仕事だったので、来月は遊びで行きたい(切実)。
                毎日暑いっスね。皆様水分補給と塩分補給をこまめに、気をつけてお過ごし下さい。
                あー、でもそうこう言ってたらすぐ夏も終わっちゃうんだろーなー。
                ・・・いやーせつなーい。


                『KAMACHOP』
                桐谷健太/波岡一喜 出演。

                あのー、私には若干難しいお話だったので、あらすじを公式サイトから。

                ≪あらすじ≫
                落雷で死亡したカマチ(鎌地広行)とチョップ(原田武明)、通称カマチョップは幽霊となって新宿のとあるホテルの一室に居座っている。
                その部屋に博多から岩瀬智恵子(四天王寺紅)という年増の女が宿泊にやってくる。
                智恵子の上京目的は、借金を重ねて借金取りから逃げ回るニートの息子・岩瀬圭一(桐谷健太)に、自らが老後のために貯めたお金を渡すためだった。
                しかし死に神・恵比寿(大森南朋)は、理由も告げずに母子が会うことを阻止するようカマチョップに命令する……。
                息子を懸命に探し歩く母。都会で挫折したニートの息子。
                危険な借金取り。裏ですべてを操る死に神。
                そして母の無償の愛に心動かされてゆく無力な二人の幽霊。
                ボンクラ幽霊・カマチョップを中心に幾多の人間の心情・思惑が交錯しながら、物語は思いもよらぬクライマックスへ。


                うん、そういうお話でしたか←
                冒頭字幕が多くて、追っかけるのが大変だったなー。
                しかし難しかったからといって楽しめなかったかといえばそうでもなく。
                カマチョップのやり取りが可愛かったし、わんこのシーンとかも好きだったなぁ。

                路上漫才師(波岡一喜・役名がわからない)のぎりぎり感とか、
                岩瀬(桐谷)さんのぐずぐず腐ることを受け入れていく感じとか、
                そりゃーもうよく出来てるなぁと。

                そして死に神(大森南朋)の色っぽさは異常。

                ・・・で、総合的に
                『家に帰ったら桐谷健太が料理作って待っててくれるって、そりゃーいい生活ですよね!良いなァ!』
                ていう感想になってしまうという・・・。
                すいません。
                ほんとーにすいません。

                                  - -

                鑑賞記録『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』

                0
                  JUGEMテーマ:邦画


                  がっつり台風ですね。ご無事ですか?
                  福岡は幸いさらっと逸れました。皆様どうぞご安全に。

                  さて、かなり久し振りの恋愛モノ。

                  『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』
                  遠藤要 出演。

                  ・・・長い!(タイトルが)

                  失礼ながら、正直、陳腐、とすら言っていいストーリーだ、と思う。
                  だがしかしそれを補って余りあるほどに泉(中川翔子)ちゃんが可愛い!すばらしい!
                  だからつまりそこを撮りたかった映像なんですよね分かりました、と納得するしかないクオリティ。
                  そこ(しょこたんの可愛さ)含め、映像(風景)は素敵でした。
                  特にタイトルバックの童話的美しさは大変好み。洒落た図書館だなぁ。
                  あとカエル(ネル/鈴木裕樹)。すげぇ似てる。天才だなぁ。


                  長谷川(遠藤要)さん最大の見せ場は、怒ってる久美子(金子さやか)ちゃんを宥める為に腕に触ろうとして振り払われるとこだと思います。(真顔)

                  まぁねぇ、合コン来といて全くしゃべらないとかつまらなさそうにしてるとか、お前何しに来てんだと思っちゃう、のは、単に私が年をとったからだろうけども。
                  無理やり連れてこられたにしても、大人なんだからさー。
                  来るならそれなりに気を使うべきだと思う、礼儀だろうよ。
                  オトコノコたち、かちーん、ですよ。そら賭けの対象にされちゃうわ、と。
                  しかし当然そんな失敬な事をマジでやるなら、ばれねぇようにやるべき。
                  女子がトイレに言ってる間に裏話はじめちゃうとか、アホ過ぎてもうもう。
                  そりゃ「触んないで!」言われるよな(笑)。

                  でも結局、久美子(金子)ちゃんは長谷川(遠藤)さんと付き合うと思う、ダメな男好きだから(笑)。
                  それに一番非があるのも、実は久美子(金子)ちゃんでないかと。
                  もっと上手い立ち回りがあったんじゃないのかねぇ。
                  ・・・一番、というと言いすぎか。うーん、でもなぁ。
                  いや、ご本人達は結局なんとか幸せになりそうな感じなので、結果オーライなのか。


                                    - -

                  鑑賞記録『自殺者リサイクル法』『今日からヒットマン』

                  0
                    評価:
                    ポニーキャニオン
                    コメント:『自殺者リサイクル法』のみ鑑賞


                    2011年もいよいよ後半戦に突入ですね。
                    いい加減数えるのが面倒になったシリーズ、諦めてカテゴリ作りました。私しか得しないよ!
                    ・・・まだしばらくはクローズZEROの中のひと(ていうか遠藤要)に現を抜かす日々が続きそうです。
                    正直自分が一番キモチワルイ、マジでなんなのこの熱意。恋なの?(よしなさい)
                    ・・・えーと、生温く見守って頂けると幸いです。


                    『世にも奇妙な物語2009秋の特別編・自殺者リサイクル法』
                    遠藤要 出演。

                    ホラー映画が嫌いです。なぜわざわざ怖いものを観なきゃならんの(全否定)。
                    しかしそうも言っていられないので(何故ならば日常的に遠藤要不足だから。出てるのは全部見るに決まってます!)(知らないよ)ようやく借りて、出演作だけ観た。

                    あらすじは以下↓(ウィキ先生調べ。いつもお世話になってます)
                    借金を背負ってしまい、投身自殺を試みるミキオ(生田斗真)。しかし、突如網が彼を捕らえ、何者かが彼を連れ去ってしまう。気が付くと、黒い服を着た人たちがいた。実は彼らは最近施行された『自殺者リサイクル法』の自殺者で、ミキオも自殺者としてカミヤ(りょう)の下す『仕事』をする事になってしまう。仕事をするうちに自殺者が次々と死んでいく中、彼と二人の自殺者だけが生き延びていた。そんな彼に、ある仕事を命じるのだった。

                    ・・・あんまおどろおどろしくない回で、良かった。ほんとーに良かった。
                    遠藤要は生き延びたふたりの自殺者、のうちのひとりの役、だったわけですが、
                    すごい半端なとこで死んでしまいまして、えぇーもっと何か、という・・・。いやいいけど。
                    その直後に、もひとりの自殺者(光石研)が「あとは頼むぞ!」的に亡くなって、
                    何だこの既視感、と思ったらカイジの石田さん役のひとだからでした。

                    話の〆は、非常に「らしい」感じで。命は大事にしましょう。


                    『今日からヒットマン』
                    遠藤要/深水元基 出演。

                    面白かった。しかしなんというツダカン充映画・・・!(戦慄)
                    閑話休題。

                    出てきた瞬間お亡くなりになってしまった鷹男(深水元基)さん、どうしようかと思ったら(いやどうしようもないんだけど)双子(?)の鷲男(深水)さんと二役でした。かっこよかった。
                    タトゥーがとてもお似合いです。小顔だから?首長いから?どっちも?

                    個人的真打ちの田中(遠藤要)さん、「こいつ死んでますよ」のところが超格好良かった。
                    窓ガラス叩く拳が素敵です(出た手フェチ)。
                    そのあとの歩き方はなんか変・・・?なんだろ。何が違和感かはわかんないですけど。
                    あと、相変わらずよく動く(笑)。
                    チンピラだから別に落ち着いてる必要もないけど、日常的に「ちょろちょろしない!」て兄貴分(市瀬秀和)に叱られてんじゃないかレベルで動いてるww
                    倒れたロッカーに座ってるのも、格好良かったなー。
                    …出てる時間が短いので逐一舐めるように眺めてるよ!(やめてあげて)

                    そして主役(武田信司)でなく、初代のオンナ(森下遥里)に刺されて(しかもドライバーでだぞ。あんなもん人体に刺さるようできてないだろう、痛い痛い!)終了という・・いえまぁ、そんな不憫なとこをこそ、愛してます。当然です。

                    肝心の二丁(武田)は、あんたろくな死に方しないよ、のとこがいっとう格好良かった。
                    丸メガネ(津田寛治)さんはどこが、とかじゃないです。終始いつでもどこでもかっこいい!

                    で、心ゆくまで格好良いツダカンを堪能して、最終的に色っぽく喘ぐ(もしくは痛めつけられる)ちさと(森下)ちゃんを楽しむ、ていう映画でした。(ひどい〆だ)(すいません)


                                      - -

                    鑑賞記録『カイジ-人生逆転ゲーム-』『Go Ape』

                    0


                      遠藤要チョイスの、どうしても近所のレンタル屋で見つけられなくてツタヤディスカスりました、な2作。


                      『カイジ 人生逆転ゲーム』

                      原作未読。あのー、三角い絵柄が受け付けないんだよ(すいません)

                      タイトルが始まる前にクライマックスを迎えてしまった・・・。
                      もうほんと、遠藤要にあの服(高価そう)を着せて、車(高級そう)の鍵ちゃりちゃり弄らせて、エロカワかつ安め(おや失敬)女子を隣に配置したうえで、「ガン見だったよ。ね、きもいねー」などという台詞を言わせた製作サイドを崇め奉って親指立てるしかない。(真顔)(やめろというのに)

                      肝心の中身としては、豪華な顔ぶれですね、という。
                      (遠藤要が落ちぶれて地下で労働者やってるみたいな描写ないかしらと目を凝らしましたが、無かったです・・・ま、そりゃそうだろう)
                      佐原(松山ケンイチ)さんの報われなさはもう。
                      逆に石田(光石 研)さんは、かなり幸福な最期だったな、というと、御幣があるかも知れないけど。
                      そして凛子(天海祐希)さんがむやみに格好良かったです。
                      惚れるわ。

                      続編が11月に公開されるらしいぞ!


                      『Go Ape』
                      遠藤要/波岡一喜 出演。

                      梶井(遠藤要)くんが可愛い。すごく、可愛い、と思います。
                      原因がブレザーなのか茶髪なのか、マフラーなのか、オレンジのダウンなのかは判然としませんが。
                      (勿論ファンフィルターは標準装備)
                      台詞もいちいち可愛いよ。
                      「だーまーれ」とか「なんか空気悪いかなーって・・・」とかさ。
                      「すいません勘違いです・・・」とかね。
                      尾子(岸谷五郎)さんが隠し撮りした写真は何処に売っていますか。(よしなさい)

                      沢木(中川真吾)くんはほんと器用だな!あのノリで女の子ともすぐヤッちゃうよ!
                      梶井(遠藤)くんは女のコに対して凄い口汚そう、そのうえテレてうっかり乱暴なことしそう。
                      結果的にあんまイイ思いできなさそう。なにそれ不憫。萌える。(妄想はその辺で)
                      荻原(城田優)さんにことのほかどうでもいいと思われてるっぽいとこがまた。(何だというのかね)
                      ・・・担架(?)に駆け寄るぐらいしてあげてもいいんじゃないですか荻(城田)ちゃん。

                      最終バトル、警察の人はガキのケンカであろうとすぐさま止めるべき。
                      あんな物々しい装備のまんま傍観しくさりおって、税金なんだと思ってやがんだ(笑)
                      病院でTV観戦の梶井(遠藤)くんと沢木(中川)くんは超ボーナスカットでしたほんとうにありがとうございました。
                      いてて言うてる梶井くん可愛すぎる!・・・あれ、遠藤さん可愛いしか言ってないな(デフォ)。
                      えーと、京子(鈴木蘭々)ちゃんも可愛かったです。
                      近くまで行こうと会社飛び出した、彼女の心理は、あれなんだろうなぁ、やっぱ恋なの?
                      意外性にときめいた、とか。それとも母性?
                      ただ立ち竦むのみの荻(城田)ちゃんの元カノは、なんだか冷めました、て顔してるようにみえて、その比較がなんだか切ない。

                      あーあと、荻原さんちのお隣の、ヤクザのぼんくら息子とその舎弟も好き。
                      プリンを飲むように食す一輝(波岡一喜)さん素敵。結局何個喰ってんだろう。
                      その空パケをどんどんぶつけられる忠次(末高斗夢)くんのかわいそ可愛いっぷりったら。

                      ま、オハナシ的には、そんなことあるかぁ!ていう。
                      どんどんエスカレートする暴力、爆発、銃撃戦、いやぁ面白かった。
                      そんでラストは正直、ぽかーーーん、ですよ。
                      全力で振り切られて、置いてけぼりにされた。
                      あんたらさっきまで少年漫画風にケンカ後夕日バックに握手みたいなノリだったじゃん、という・・・。

                      ・・・あーやばいもっかい観たくなってきたw


                                        - -

                      鑑賞記録『踊る大走査線THE MOVIE3』『SP 野望篇』

                      0
                        JUGEMテーマ:邦画


                        終了したと見せかけて、再度遠藤要(だけじゃないけど)のターン!(黙れ)
                        劇場で観たけど、遠藤氏が出ていると知って再度DVD借りました、な2作。


                        『踊る大捜査線 THEMOVIE3』
                        遠藤要/滝谷さん中のひと(小栗旬)出演。

                        遠藤要が一体何処にでていたのだっけ、と思って再視聴。
                        出てた!台詞もある!
                        か、かつぜつ・・・が・・・あと、若干、ほんと、ちょっとだけ、落ち着きねぇ・・・ww!!
                        本庁の刑事なのに!(?)

                        鳥飼(小栗旬)さんは眼帯が非常にお似合いでした。
                        色男はどうなっても色男、と言う・・・(多分違う)
                        小栗旬は、こういう、どっかかすかに一本「だけ」危うい、ていう目が凄い、と思う。


                        そして眼鏡っ娘アイドル時東ぁみの実力をみた。うん、あの子可愛いんだわ。
                        キョンキョンは言うまでもない!

                        劇場で観た時は、本当にワン(滝藤賢一)さんが好きで。
                        乗り物にいちいち酔うとかさ、実は強いとか、改めて観てもカッコ可愛いキャラクタでした。


                        『SP 野望篇』
                        遠藤要/綾野剛/波岡一喜/牧瀬さん中のひと(高橋努)出演。

                        一体何処に、以下略。
                        出てます。台詞はない。が、これ、格好よかったなぁ・・・!
                        台詞ないから一層、じわっと怖いひとで、素晴しかったと思います。
                        しかしまた顎に一撃くらってダウンしてますけど(伊崎(高岡蒼甫)さんにもアッパーで負けてた)、大丈夫なのか遠藤要の顎は。(何を言っているんですか)

                        開始1分で出てきた綾野剛は、なんだろう、もう、立ち居姿が全て。
                        ゆらーって動くだけで最高に妖しい。
                        でもあんなとこにチョコバー入れてたら体温で溶けてえらいことになりませんか。

                        安斎(波岡一喜)さん、ケータイ弄りながら喋るあの、いけすかない感じが、んもう素敵。
                        ヤバくなったら真っ先に尻尾きりにあいそうというか、口は災いのもとっていうか、つまり雑魚っぽさが最高です。

                        中里(高橋努)さんはえーと、田中(野間口)さんをつけてたひと・・・かな・・・?
                        ルーキーズの時はすぐわかったのになぁ。スーツ着られると難しい。(妙なポイント)
                        超応援しているというのに、正直自信ないですすいません。
                        ご本人のブログよく拝見してます。阪急電車も観にいかなきゃ(余談)。


                        SPで誰が好きかって田中一郎(野間口徹)が大好きすぎる。
                        家族(夫婦)ごっことかもう、もう・・・言葉にならない。(何で)


                                          - -

                        | 1/2PAGES | >>

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        profile

                        Search

                        selected entries

                        categories

                        Recent Comment

                        • 【先週末は関東】濃密で曖昧な時間と情熱が若人達の何を狂わせるか【舞台を観に行ったよ!】
                          とき (08/02)
                        • 【先週末は関東】濃密で曖昧な時間と情熱が若人達の何を狂わせるか【舞台を観に行ったよ!】
                          斎 (08/01)
                        • 鑑賞記録『BADBOYS』
                          とき@追記 (06/18)
                        • 2012春ドラマあれこれ。
                          とき (04/16)
                        • 2012春ドラマあれこれ。
                          ユウ (04/15)
                        • 出演情報等、心よりお待ちしております。
                          とき (01/09)
                        • 出演情報等、心よりお待ちしております。
                          みほ (01/07)
                        • 鑑賞記録『ハードロマンチッカー』
                          とき (11/30)
                        • 鑑賞記録『ハードロマンチッカー』
                          みほ (11/30)
                        • 鑑賞記録『ハードロマンチッカー』
                          とき (11/29)

                        Archives

                        Recent Trackback

                        Links

                        ぐだぐだ@ついった

                        読書メーター

                        ときの最近読んだ本

                        Photo

                        BlogPeople

                        mobile

                        qrcode

                        Others

                        Advert

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM