スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

                      
    • by スポンサードリンク
    • -
    • -
    • -
                      - -

    2014年に読んだ本。

    0

      スマホで更新したのをやっとPCブラウザで確認したらえらいことになってたんで修正・・・。
      続きに一覧あります。

      続きを読む >>
                        - -

      一月に読んだ漫画。

      0
        2015年1月の読書メーター
        読んだ本の数:14冊
        読んだページ数:2832ページ
        ナイス数:21ナイス

        アルオスメンテ 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)アルオスメンテ 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)
        読了日:1月30日 著者:あき
        コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)コトノバドライブ(1) (アフタヌーンKC)感想
        芦奈野節、全速全開。その他に特に言うことはありません。いやマジで、素晴らしいことです。
        読了日:1月29日 著者:芦奈野ひとし
        海月と私(3) (アフタヌーンKC)海月と私(3) (アフタヌーンKC)
        読了日:1月26日 著者:麻生みこと
        SAKURA TABOO(3) (モーニング KC)SAKURA TABOO(3) (モーニング KC)
        読了日:1月17日 著者:猫田ゆかり
        ナナマル サンバツ (9) (カドカワコミックス・エース)ナナマル サンバツ (9) (カドカワコミックス・エース)
        読了日:1月15日 著者:杉基イクラ
        ONE PIECE 76 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 76 (ジャンプコミックス)
        読了日:1月13日 著者:尾田栄一郎
        白暮のクロニクル 4 (ビッグコミックス)白暮のクロニクル 4 (ビッグコミックス)
        読了日:1月12日 著者:ゆうきまさみ
        Dの魔王 1 (ビッグコミックス)Dの魔王 1 (ビッグコミックス)
        読了日:1月11日 著者:柳広司,霜月かよ子
        ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックス)ワールドトリガー 9 (ジャンプコミックス)
        読了日:1月11日 著者:葦原大介
        パレス・メイヂ 3 (花とゆめCOMICS)パレス・メイヂ 3 (花とゆめCOMICS)
        読了日:1月11日 著者:久世番子
        高原のフーダニット (徳間文庫)高原のフーダニット (徳間文庫)感想
        積んであったのを金沢旅行の道中にやっと読了。表題作、珍しく色々推理しながら読んだのだけど、掠りもしませんでした。あとビリケン頭、が私ちょっと、分かるのに時間かかった(笑)あ、ビリケンさんな!神様のな!
        読了日:1月11日 著者:有栖川有栖
        ちはやふる(26) (BE LOVE KC)ちはやふる(26) (BE LOVE KC)感想
        怒濤の太一さん(とヒョロくん)巻。…いやー私がまつげくんに点辛いのは自覚してますが、なんで彼はあんなにヒロイン気質なのか。お前、花野さんをみてみろ!ちょうおとこまえじゃねーか!!
        読了日:1月6日 著者:末次由紀
        ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)ハイキュー!! 14 (ジャンプコミックス)
        読了日:1月4日 著者:古舘春一
        暗殺教室 12 (ジャンプコミックス)暗殺教室 12 (ジャンプコミックス)
        読了日:1月4日 著者:松井優征

        読書メーター
        JUGEMテーマ:漫画
                          - -

        2014年鑑賞記録一覧。

        0

          ご無沙汰しております。
          あっという間に2014年が過ぎ、2015年がやってきたと思ったら、
          明日(ていうか今日)からもう仕事だなんてそんなバカな

          …皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
          本年もゆるりと更新したりしなかったりですが、何卒よろしくお願い申し上げます。

          さて、昨年観た映画をずらっと並べてみます。
          ツイッターではちょいちょい呟いたものの、
          ちゃんとした(?)感想はほとんど書けず残念無念。

          【1月】
          『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』
          『黒執事』

          【2月】
          『小さいおうち』
          『土竜の唄』
          『セブンデイズ リポート』

          【3月】
          『リュウセイ』←珍しく個別に書いた感想はこちら
          『魔女の宅急便』
          『偉大なる、しゅららぼん』

          【4月】
          『相棒 劇場版掘ゝ霏臾室!特命係絶海の孤島へ』※舞台挨拶付プレミア有料先行上映
          『劇場版 TIGER&BUNNY』
          『クローズ EXPLODE』
          『ゲキ×シネ 五右衛門ロック掘
          『白ゆき姫殺人事件』

          【5月】
          『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』
          『WOOD JOB 神去なあなあ日常』※上期ベスト
          『アナと雪の女王』

          【6月】
          『MONSTERZ』
          『幕末高校生』※舞台挨拶付先行上映

          【7月】
          『奴隷区 僕と23人の奴隷』
          『超高速!参勤交代』※下期ベスト
          『渇き。』

          【8月】
          『るろうに剣心 京都大火編』
          『ルパン三世』

          【9月】
          『LUCY』
          『TOKYOTRAIBE』
          『るろうに剣心 伝説の最期編』

          【10月】
          『蜩ノ記』
          『ぶどうのなみだ』
          『まほろ駅前狂騒曲』
          『舞妓はレディ』

          【11月】
          『25 NIJYU-GO』
          『エクスペンダブルス3』

          【12月】
          『寄生獣』
          『神さまの言うとおり』
          『ザ・レイド GOKUDO』

          計35本、堪能しました。
          ちなみに去年は34本で、一昨年の46本はやっぱり自分としては異常な事態だったのだなと(笑)

          今年も楽しく沢山映画を観られますように。

                            - -

          翻訳ミステリー大賞シンジケート主催 福岡読書会!

          0
            JUGEMテーマ:自分が読んだ本

            ご無沙汰しております。
            あっという間に秋が過ぎ冬も終わり、春が来ようとしております。
            皆様いかがお過ごしでしょうか。
            ワタクシは例年通り花粉症(とその薬)でぐんにゃりしております。

            ・・・閑話休題。

            去る3/7、福岡市内某所で行われた第11回福岡読書会に参加してきたよ!
            ゲストに作家の岡崎琢磨氏・深緑野分氏、
            また翻訳ミステリー大賞シンジケートから翻訳家の越前敏弥氏、という超豪華な布陣。
            今回、男性の参加がたくさん!いつもは女性が多いイメージなので驚きました。

            課題書は「マルセロ・イン・リアルワールド/フランシスコ・X.ストーク(千葉茂樹 訳)」
            キラッキラのヤングアダルト小説だ!
            前回(「キラー・イン・ザ・レイン」)前々々回(「ハロー・サマー・グッドバイ」)と
            比べての読みやすさが異常(個人比)。
            あと字がでかい。正直、もっと小さくて良いから薄く。いやこの装丁はすばらしいけれども。


            いつもどおり自己紹介のあと、和やかに意見交換スタート。

            拝聴したご意見は大体(すいませんメモが汚くて)以下のとおり。

            ・「リアルワールドで生きていって欲しい」「周囲に障害を隠したい」という息子を前にした、親としての矛盾など、アルトゥーロがほかの誰よりもリアル。
            ・マルセロへ選択肢を与えているようで、その実与えていない
            ・反対にオーロラはあまりに理想的
            ・そもそも女性が「護る者」として描かれている
            ・反動的に男性がリアルなのかも
            ・マルセロは父母を肉親と認識しつつも常にラインを引いて、フラットな目線を持っている
            ・リアル17歳はこの小説をどう読むのか
            (↑これを17歳に近しいワカモノに振ったら超リアルなお話が聞けて一同あんぐり)


            ・息子の成長とともにアルトゥーロにも変化があった。
            ・マルセロは主人公ではないようにも読める
            ・ヤングアダルト小説には皮肉がある
            ・都合の悪いことを暴いていく装置のよう

            ・失楽園の物語としても
            ・神様のような17歳が、「ひと」になっていく


            などなど(ほんとーに端的なメモしか書けて無くてニュアンスが違ったら申し訳ありません)。
            今回もいろいろなご意見が聞けて楽しかった。
            二次会ではサインもらったりイケメン眺めたり仲良しのひとたちを眺めたりして、
            大層楽しみました。

            ご参加の皆様・福岡読書会世話人のお二方に心からの感謝を。
            ありがとうございました!

            毎回とても楽しいサバト(やめなさい)なので、
            「本格」?「新本格」?「後期クイーン問題」?なにそれたべられる?
            という私のようなひとも、物怖じせずもっと参加すべき。
            怖くないよ!(誰も怖いなどとは言ってない)
            もう5回も出席させていただいてますが、いまだに
            「トイレ掃除くらいやれよ」(「死ぬまでお買い物」)
            「小僧むかつく!ばくはつしろ!」(「ハロー・サマー・グッドバイ」)
            「これ探偵負けじゃない?」(「暗い鏡のなかに」)
            「去年のクリスマスみたいに、だよ!?ちょうカッコいい!使いたい!」(「キラー・イン・ザ・レイン」)
            てな感想しか言ってません。でも怒られないよ。楽しく感想聞いてもらえるよ!
            次回も楽しみです。


            そして、

            第2回翻訳ミステリー読者賞
            今年も今月いっぱい絶賛投票受付中です。この週末に読んでもギリ間に合うぞ(自分に)!
            投票要綱をご確認の上、皆様是非。投票用テンプレートもあるよ!

            辺境ブログですが、拡散の一助となりましたら。

                              - -

            鑑賞記録『リュウセイ』

            0
              JUGEMテーマ:邦画

              えーすいません。先日の読書会の件は今鋭意編集中です。
              先にこっちを。ご無沙汰してます、とか時節の挨拶(?)もそっちに書いてますので!省略!←

              てなわけで観てまいりました『リュウセイ』福岡最終日@Tジョイ博多!

              いやー、よかったです。とても。

              何の問題も明確には語られず、ただ端的な事実だけがある。
              借金のある男。
              夢をあきらめた男。
              家族から逃げる男。

              いやまぁ正直に申しまして、内輪でちょっと撮ったみたいな、
              それを狙ってる、としても、映画としてあんまりにも拙い、
              ようにシロウトには(ここ重要)観えて、けれど。
              5分に、10分に一度、そんな周期で、唐突に息を止めてしまうような。
              心臓を無造作に掴まれるような瞬間がやってくる。

              それはたとえば、
              たどたどしい会話の中で、不意に力強く決意を紡ぐ瞳の煌きだったり、
              拒絶する扉がゆっくり閉じる様だったり、落ち着き無く動く目玉の情けなさだったり、
              電話に出るために手のひらに吐き出した飴玉だったり、
              隣で芽吹いた幸福を聞く、羨ましいような信じられないような顔だったり、
              弾かれたようにアンプを掴む手だったり、ギターに触れる指先だったり、
              長野の美しい風景だったり、掌に囲われたライターが空回りする音で、

              それらに、もう一個ずつまんまと。まんまと、ヤラレてしまうわけです。





              そして、この映画における女たちの「わかってないなぁ」感は異常。
              愛してる、大事にしてる、寛大に許してる、それはもちろんなんだけど、絶妙なラインで、
              女たちは彼らのことを「わかってない」ように描かれてる。
              こう、穿った見方でしょうが、目線がいかにも男子っぽいです(笑)
              だって対して、晴彦パパの格好良さといったらない。
              いつの間にかカーディガンのぽっけに突っ込まれてる封筒とか、
              奥さんに隠れて飲む酒が赤ワインとかどんだけ(笑)!

              あー、もっと観たいなぁ。
              やっぱり上映時間にくじけず初日から臨むべきだったわ。
              DVD出たらいいな。
              しかしついったでもつぶやいたけど、本当に、シアターで観る事ができたのは幸運だった。
              ありがとうございました。



                                - -

              鑑賞記録舞台版「SOLID」@赤坂レッドシアター

              0
                JUGEMテーマ:舞台鑑賞

                えー。
                もう九月なんてそんなバカな(定期)

                さておき、
                すっっっかり遅くなってしまいましたが、
                7月に行って参りました、東京は赤坂レッドシアター。
                とても衝撃的な舞台でした、今更ですが、覚書程度の感想を。
                わかりづらいのは仕様です。ほんとすいません。


                ひとつの部屋で繰り広げられる、ある雨の日のこと。

                秘密と、詮索と、恫喝と心配と優越と復讐と愛。

                好奇心は猫をも殺す、とか。
                人を呪わば穴二つ、とか。

                座長は我らが(←言わせといたげて)遠藤要で、勿論ほんとうに素晴しかったですが、
                しかしこれは、・・・川上ジュリアの舞台だった、といわざるを得ないです。私は。

                それくらい、この舞台のジュリアちゃんは可憐でしたたかで、誰よりも昏い狂気と艶を纏っていた。

                兄(遠藤要)の最期に贈った裕美子(川上ジュリア)ちゃんの台詞は、
                贖罪のようで、
                「すまん」のひとことだけで全部諦めた兄への死刑宣告のようでもあって、
                赦しのようにも聞こえ、
                絶望的なまでの未練を引き起こす、呪いのようですら、あった。


                観終わった後、観たもの聞いた台詞をいっこずつ頭の中で辿って、

                いやいや、いくらなんでも気づくやろ、とか。
                でも、
                よくよく考えると、いや、気づいてたんじゃない?
                知っててやってたんじゃない?とか。
                えっそうだったら怖いよ、それはないだろ。・・・けどやっぱそうなんじゃない?

                などなど。
                考えれば考えるほど、背筋がひやっとする、そんな舞台でした。

                二回観たんだけど、二回目は筋がわかってるだけに、もう怖くて。
                結構怒号とぶし、目の前でドタバタ殴ったりするしで。
                なんかもう、「うわぁおにーちゃんそれ言っちゃだめー!」的な。
                「しむらー、うしろうしろ!」的な。・・・イヤそれは違う。違った。
                まぁ無論、話は淡々と拙い方向へ進んでしまうわけで、ほんと怖い舞台だったなぁ。


                オープニングでほんとうに雨が降るので、けっこうびっくり(舞台鑑賞初心者)。

                そんでまぁまず初見は、沢田(平田裕一郎)さんの登場にびっくりするよね(笑)
                いいいいつからそちらに!!?ていうww

                おにいちゃん(遠藤要)がちょっと料理をするんだけど(それはもう格好よろしいフライパンさばき)、
                音はするのに匂いはしなかった(気がする)。
                火、ホンモノっぽかったけど、地下の劇場だしなー、あれはやっぱ音だけだったんかな。

                沢田(平田裕一郎)さんと山野(七味まゆ味)さんのやり取りはすばらしかったなぁ。
                あの殺伐とした場面で、劇場から笑いがでるってやっぱ相当じゃねーの、と(笑)。
                なんかホッとしたんだよなぁ。まぁ、山野さん昏倒させられてたんだけど!
                その後もトイレでボッコボコにされてましたけど!

                宮川(遠藤雄弥)くんの二面性・・・というのか、キレ易いワカモノのわかり辛いスイッチというか、
                ほんとよく出来てたなぁ。
                あくる日の玄関の外から聞こえた邪気なさそうな声には、ほんとゾッとした。


                あと、ほんとうにどうでもいいことを書きますが、

                一回目鑑賞のとき座ってた席から、
                裕美子(川上ジュリア)ちゃんのスカート?キュロット?の中が見えそうでさぁ。
                いや、見えないんだよ。
                すごい見えそうなのに、絶妙に見えないの。あれなんだろう。すごいなと(笑)
                隣が男性だったのでむやみにどぎまぎしました。
                ・・・いや、隣の方はもちろんそんな低俗なこと考えてませんよ!当たり前ですよ!知らんけど!!

                そして遠藤要ファンとして、おにいちゃんの生着替えがあったことは特筆しておく。
                悲鳴あげそうになったよ(真顔)。


                続きは感想とも、妄想とも付かない文字の羅列。




                                  - -

                読了記録「暗い鏡の中に」+翻訳ミステリー大賞シンジケート主催 福岡読書会!

                0
                  JUGEMテーマ:海外ミステリー

                  「暗い鏡の中に/ヘレン・マクロイ(駒月雅子)」
                  先日参加してきました「翻訳ミステリー大賞シンジケート主催 第9回福岡読書会」の課題図書。


                  最初はちょっとだけとっつき悪いけど、すぐ集中できた。
                  繊細で詳細だけど、決して分かりづらくはなくて、目の前に情景が浮かんでくるような、
                  その場に立っている、ような。

                  もちろん、浅学で分からないものは分からない、んだけども。
                  とくに車のワイパーのとこがすごく好きでした、なんか可愛くて(笑)。

                  博士がフォスティーナの別荘を訪れて検分してるところ、
                  訪問者に声をかけるところは、テンションあがったわー。
                  探偵小説はこうでなくちゃ!

                  ・・・と、わくわくして、探偵が犯人を追い詰め、完全勝利を収めるのを期待してしまっただけに、
                  ・・・あー、と。あかんやん!と。それくらい私には、探偵の敗北、に思えた。



                  そんな(ちょっぴり)物悲しい気持ちになりつつ、参加してきました、
                  翻訳ミステリー大賞シンジケート主催 第9回福岡読書会」!

                  世話人のおふたりと、豪華ゲストお二方含む、えーと、20名?22名?
                  事前に各自提出した自己紹介をまとめたものをいただくのですが、
                  これがまぁとにかくバラエティに富んでいます。
                  年齢も性別も業種も超えて、一冊の小説を手に喧々諤々。素晴らしい。

                  ・・・喧々諤々、の詳しい内容について、メモが取れたところだけでも、と思ってたんですが、
                  書き出してみたら全然意味が分からないので断念。つ、・・・使えねぇ・・・!!
                  だ、大丈夫です、TんどくさんとかZしょくさんとかが、きっと上手にまとめてくださいます!
                  と思います!(丸投げ)

                  ともあれ、
                  おっとそういう見方も?や、そうそうそう、私もそう思いました!や、なるほど!
                  な皆様のお話が聞けて、贅沢な会だよなぁ、ほんと。

                  その後
                  2次会で全く席に座っていられない状況に追い込まれたり(酔いではなく暑さでほほを染める事態)、
                  3次会でちょっとの隙を突いて漫画の話を思うさましたり(いやーやっぱ今進撃は外さないわ)、

                  いつもどおりとっても楽しい時間をすごしました。
                  皆様、ほんとうにありがとうございました!
                  またの機会も、是非、参加させていただけたら、と思います。


                  そうして今、
                  またちょっとずつ読み直すと「あ、これ複線だったのか、ここも、ここにも、」とやっとわかって、
                  納得したり、情景の美しさに改めてうっとりしたり、・・・自分のテキトーな読みっぷりを改めて、あー、
                  いや、何度も楽しめてお得です(自分に甘い表現!



                                    - -

                  2013夏ドラマあれこれ。

                  0
                    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

                    うっかりしてたら今年も折り返しましたね・・・。恐ろしいことです。
                    皆様いかがお過ごしですか。
                    毎日暑いですが、ご自愛ください。

                    さて、既に始まっているこの夏のドラマを、自分用メモとして。

                    月曜日
                    20:00 名もなき毒 (TBS)
                        小泉孝太郎 主演。深田恭子、真矢みき 出演。宮部みゆき 原作(既読)。
                        
                    その他、TBS深夜(24:28)は堂本剛主演・川口春奈出演の『天魔さんがゆく』、
                    フジ月9は山P主演・香里奈、戸田恵梨香出演の『SUMMER NUDE』。
                    ・・・香里奈さんしょっちゅう月9ヒロインじゃね?気のせい?


                    火曜日
                    21:00 救命病棟24時 (フジテレビ)
                        松嶋菜々子 主演。時任三郎、佐々木蔵之介、風間俊介 出演。
                        超私的見解ですが(いつもですが)、今回の風間さんは物凄く「ジャニーズのひと」っぽい顔してる。

                    22:00 激流〜私を憶えていますか?〜 (NHK)
                        田中麗奈、桐谷健太、ともさかりえ、国仲涼子、山本耕史 出演。
                        録り貯め分をじわじわ見てるけど、竹山さんがすげー達者で驚いた(笑)。

                    他、フジ火10は広末涼子・福士蒼汰の『スターマン・この星の恋』、
                    TBS深夜(26:29)は三宅乱丈原作の『ぶっせん』・・・これ福岡放送されんの?


                    水曜日
                    21:00 警視庁捜査一課9係 (テレビ朝日)
                        渡瀬恒彦 主演。井ノ原快彦、津田寛治、吹越満 出演。
                        もう8作目か!

                    22:00 Woman (日本テレビ)
                        満島ひかり 主演。三浦貴大、谷村美月、二階堂ふみ 出演。
                        怒涛の不幸ドラマ。濃い。つらい。

                    他、フジ水10は江角姐さんの『ショムニ2013』、
                    テレ東深夜(23:58)はみんな大好き『孤独のグルメ Season3』、
                    日テレ深夜(25:29)はエグザイルドラマ『フレネミー〜どぶねずみの街〜』、福岡未放送、かな?


                    木曜日
                    20:00 京都地検の女(テレビ朝日)
                        名取裕子 主演。寺島進、大杉漣 出演。
                        冴え渡る主婦の勘はもう9作目なんですなぁ。

                    21:00 DOCTORS 2(テレビ朝日)
                        沢村一樹 主演。高嶋政伸、比嘉愛未 出演。
                        高嶋さんのとんちきな役は最高ですよ。
                        
                    21:00 ぴんとこな (TBS)
                        玉森裕太 主演。中山優馬、川島海荷 出演。嶋木あこ 原作(未読)
                        今期一番びっくりドラマ。世の中には死ぬほど少女漫画があるというのに、
                        よりによってこれすか、という・・・しかし初回を思いのほか面白く観てしまうなど。
                        ていうか川島さん可愛かった。

                    23:58 町医者ジャンボ!! (日本テレビ)
                        眞木大輔 主演。忽那汐里 出演。 こしのりょう 原作(未読)
                        
                    他、フジ木10は織田裕二主演ハセキョ出演の『oh,MyDad!!』。


                    金曜日
                    24:12 リミット (テレビ東京)
                        桜庭ななみ 主演。土屋大鳳、工藤綾乃、山下リオ 出演。すえのぶけいこ 原作(未読)
                        ・・・なんか謎の安心感があるなぁ。深夜枠だから?
                        原作がすえのぶてんてー安定の思春期どろっどろサツバツ漫画だから?
                        (読んでないんでしょ?)(読んでないけど)
                      
                    他、TBSの金10は舘ひろし、浅野温子主演の橋田壽賀子ドラマ『なるようになるさ』。
                    テレ東深夜(24:52)はひとりグルメ漫画ドラマ化ローラー作戦続行中の『たべるダケ』。
                    次はおとりよせ王子だと思います。→わぁっ失礼しました、既にドラマ化されてやんの!!
                    個人的にはのんdeぽ庵を推します(あれ女子二人組だから駄目だろ)(あっ)。
                     

                    土曜日
                    24:50 仮面ティーチャー (日本テレビ)
                        藤ヶ谷太輔 主演。大政絢、山田親太朗 出演。藤沢とおる 原作(未読)。
                        福岡(FBS)では水曜深夜(26:10)放送。

                    他、日テレ土9は、あり姉主演『斉藤さん2』、
                    フジ深夜(23:10)は山本裕典主演『山田くんと7人の魔女』。


                    日曜日
                    21:00 半沢直樹(TBS)
                        堺雅人 主演。上戸彩、滝藤賢一 出演。池井戸潤 原作(未読)。
                        私の周りでは「倍返しだ!」が流行語になったりならなかったり。


                    以上!


                                      - -

                    カメラ女子ごっこ2013春の行楽「湯布院」篇。

                    0
                      JUGEMテーマ:写真日記


                      やっと写真整理が進んだ・・・。
                      そうこうしてる内にGWも間近ですが、今年の桜は湯布院で堪能しましたん。


                      由布岳と桜。



                      昼食は蕎麦。黒豚のってた。うまー。



                      由布院のにゃんこはふてぶ・・・いえ、人に馴れてる。すごく。



                      ついてくるんじゃないわよ。あ、ハイ・・・。


                      朝靄の湖。



                      の近くで頂く朝食。スコーンにメープルシロップでした。うまうま。

                                        - -

                      翻訳ミステリー大賞シンジケート主催 福岡読書会に参加したよ!

                      0
                        さてさて。去る3月15日、
                        いっこ前の読了本「ハローサマー、グッドバイ」を課題本として、参加してまいりましたヨー。

                        翻訳ミステリー大賞シンジケート主催 第8回福岡読書会

                        詳しく楽しいレポートはコチラ。あと、こっちも。
                        例によって勝手にリンクするけど大丈夫でしょうか。するけど(様式美)。

                        ワタクシ二度目の参加なのですが、
                        前回と同じく、とっても楽しく、かつ、人見知り全開で、一生懸命喋りました!(だから小学生かって)

                        全く理解できてなかった(俗に言う(?)『目が滑った』というやつ)惑星と太陽の位置関係を
                        Tんどく氏とK月氏(伏せ字は単なる趣味です)による素晴しい図解でなんとなくわかった気(理解力が底辺)になるなど、お得感満載。

                        「SF小説」について(SFとしてはちょっと不思議な小説らしい)、
                        「セカイ系」とはそもそも何か、など大変興味深くお聞きし、
                        「恋愛小説」としてのお話しになったとたん、

                        ・小僧むかつく
                        ・ブラウンアイズは怖い女子だ、そうに違いない!

                        ひたすらに上記2点について語る私。わ・・・わかったわかった。

                        etc etc。。。
                        全開同様、皆様に優しく同意していただいたり、ご意見頂戴したり、とっても楽しく過ごしました。

                        また、素敵なレジュメとか、マニア垂涎の資料(じゃんけん勝ち抜け)とか、
                        こんなSF読み辛いキツかったしんどかった、などとぶちぶち言う人間が頂いて良いのでしょうか、
                        と恐縮しつつ、・・・まぁ最終的に遠慮の欠片も無く持ち帰ったんですけど。精進します。

                        その後懇親会に移動中、少年少女へのあれこれについて、
                        ・・・というか、つまりやっかみですよ」といろいろ諦めて告白。
                        リア充爆発しろ。

                        ウルフの方がむかつかない?、とのご意見に、
                        「ウルフは最初っから最後まで一貫して小物だから(どうでも)いーんスよ!」
                        「だからブラウンアイズに選ばれないし、リボンに捨てられるんスよ!」
                        と甚だ失礼な事を言い散らかしつつ、またしても面倒くさい酔っ払いになってご迷惑をお掛けしました(・・・)。

                        ご参加の皆様におかれましては、寛大にお付き合いくださって本当にありがとうございました。
                        またの機会も、どうかどうか、お見限りなきよう、よろしくお願いいたします(平伏)。


                        あ、そして。
                        翻訳ミステリー読者賞
                        翻訳ミステリーを愛する人であれば、職業性別年齢を問わず参加できる賞(サイトより)ということで、
                        素敵な企画だと思います。締め切りは今月末まで。皆様、注意事項を確認後、是非。

                        ・・・辺境ブログですが、拡散の一助になりましたら。

                                          - -

                        | 1/17PAGES | >>

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        262728293031 
                        << March 2017 >>

                        profile

                        Search

                        selected entries

                        categories

                        Recent Comment

                        • 【先週末は関東】濃密で曖昧な時間と情熱が若人達の何を狂わせるか【舞台を観に行ったよ!】
                          とき (08/02)
                        • 【先週末は関東】濃密で曖昧な時間と情熱が若人達の何を狂わせるか【舞台を観に行ったよ!】
                          斎 (08/01)
                        • 鑑賞記録『BADBOYS』
                          とき@追記 (06/18)
                        • 2012春ドラマあれこれ。
                          とき (04/16)
                        • 2012春ドラマあれこれ。
                          ユウ (04/15)
                        • 出演情報等、心よりお待ちしております。
                          とき (01/09)
                        • 出演情報等、心よりお待ちしております。
                          みほ (01/07)
                        • 鑑賞記録『ハードロマンチッカー』
                          とき (11/30)
                        • 鑑賞記録『ハードロマンチッカー』
                          みほ (11/30)
                        • 鑑賞記録『ハードロマンチッカー』
                          とき (11/29)

                        Archives

                        Recent Trackback

                        Links

                        ぐだぐだ@ついった

                        読書メーター

                        ときの最近読んだ本

                        Photo

                        BlogPeople

                        mobile

                        qrcode

                        Others

                        Advert

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM